Home > 大学院受験生の皆さんへ:入試案内 > 博士課程(前期課程)第2次学生募集要項

大学院受験生の皆さんへ

入試案内

注意:この募集要項はインターネット版で、「入学志願票」等が省略されています。 出願のためには印刷された募集要項が必要です。下記(9. その他 2)に記載された方法で取り寄せてください。

平成30年度 名古屋大学大学院 理学研究科博士課程(前期課程)第2次学生募集要項

アドミッションポリシー
素粒子宇宙物理学専攻 自然界を貫く真理の探究に臨むため、チャレンジ精神と知的好奇心に満ちあふれ、瑞々しい創造力を持ち、研究する強い意志を持った人。
生命理学専攻 生命現象の不思議さや美しさ、巧みさに、飽くことのない興味と関心をもち、真理の解明に挑むために、チャレンジ精神に満ちあふれ、瑞々しい創造力を持つ人。

1. 出願資格

次の各号のいずれかに該当する者

  1. 日本の大学を卒業した者及び平成30年3月末日までに卒業見込みの者
  2. 学校教育法第104条第4項第1号の規定により学士の学位を授与された者及び平成30年3月末日までに学士の学位を授与される見込みの者
  3. 外国において、学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月末日までに修了見込みの者
  4. 外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより、当該外国の学校教育における16年の課程を修了した者及び平成30年3月末日までに修了見込みの者
  5. 我が国において、外国の大学の課程(その修了者が当該外国の学校教育における16年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了した者及び平成30年3月末日までに修了見込みの者
  6. 外国の大学その他の外国の学校(その教育研究活動等の総合的な状況について,当該外国の政府又は関係機関の認証を受けた者による評価を受けたもの又はこれに準ずるものとして文部科学大臣が別に指定するものに限る。)において,修業年限が 3年以上である課程を修了すること(当該外国の学校が行う通信教育における授業科目を我が国において履修することにより当該課程を修了すること及び当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって前号の指定を受けたものにおいて課程を修了することを含む。)により,学士の学位に相当する学位を授与された者及び平成30年3月末日までに授与される見込みの者
  7. 専修学校の専門課程(修業年限が4年以上であることその他の文部科学大臣が定める基準を満たすものに限る。)で文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した者及び平成30年3月末日までに修了見込みの者
  8. 文部科学大臣の指定した者(昭和28年文部省告示第5号)
  9. 平成30年3月末日で大学に3年以上在学となる者、又は外国において学校教育における15年の課程若しくは我が国において外国の大学の課程(その修了者が学校教育における15年の課程を修了したとされるものに限る。)を有するものとして当該外国の学校教育制度において位置付けられた教育施設であって、文部科学大臣が別に指定するものの当該課程を修了し、本研究科において、所定の単位を優れた成績をもって修得したものと認めた者
  10. 本研究科において、個別の入学資格審査により、大学を卒業した者と同等以上の学力があると認めた者で、平成30年3月末日までに22歳に達する者
1)出願資格 9.による学生募集は、行わない。
2)出願資格 10. により出願する者は、事前審査を行う。 該当者は平成29年11月20日(月)(必着)までに、1.氏名 2.住所、電話 3.在学大学名・学科・学年又は履歴(高校卒業後、現在まで) 4.志望専攻名を記載した書類(様式は自由)を教務学生係へ提出すること。 その際、封筒の表に「前期課程の事前審査書類請求」と朱書し、速達の返信用封筒(宛先を明記した角形2号に400円分の切手を貼付したもの)を同封すること。
2. 募集人員
専攻名 募集人員  
素粒子宇宙物理学専攻 若干名
生命理学専攻 若干名

3. 願書受付期間

平成30年1月5日(金)~平成30年1月11日(木)<但し、土・日・祝日は除く。>
受付時間:10時~12時、13時~16時

郵送による場合も、上記期間内で、1月11日(木)16時までに到着したものに限り受付ける。

※ 素粒子宇宙物理学専攻は試験日が1月20日(土)のため、1月17日(水)までに受験票が届かない場合は、理学研究科教務学生係(052-789-2402)へ電話連絡すること。
4. 出願書類等
  1. 入学志願票、履歴書、写真票、受験票
    〔本研究科所定の用紙に必要事項を記入の上、出願前3ヶ月以内の撮影の写真を貼付すること。〕
  2. 成績証明書
  3. 卒業(見込)証明書
    〔本学部卒業(見込)者は不要。出願資格 2.により出願する者は、学位授与機構発行の学士学位授与(見込)証明書を提出すること。〕
  4. 入学検定料
    〔30,000円の郵便局の「普通為替」とし、為替には何も記入しないこと。〕
  5. 入学検定料納入用 領収証書及び領収証書(控)
    〔志望専攻名及び氏名を2ヵ所とも記入すること。〕
  6. 受験票送付用封筒 1枚
    〔長形3号(23.5cm×12cm)の封筒に、本人の郵便番号・住所・氏名を明記し、82円切手を貼付すること。〕
  7. 連絡用シール
    〔「合格通知書」「入学手続書類」送付用。
    入学志願票の「現住所」または「緊急時の連絡先」と同一の住所を正確に記入すること。〕
  8. 受験承認書
    〔官公署その他民間会社等に在職している者は提出すること。〕
  9. 国費外国人留学生証明書
    〔現在、国費外国人留学生である者は、在学大学が発行する証明書を提出すること。〕

上記出願書類 1.~9.のほか、各専攻の下記要領により、所定の書類を提出すること。

専攻名 書類
素粒子宇宙物理学専攻 「卒業研究の概要または興味のあるテーマ」(すでに卒業研究を行っている者はその大要を、行っていない者は物理学に関係するテーマ)について記述すること。
生命理学専攻 「卒業研究の概要または将来の抱負」(すでに卒業研究を行っている者はその大要を、行っていない者は本専攻へ入学した場合の抱負)について記述すること。 また、本試験の受験を希望するものは、TOEFL、TOEICのスコアシート(どちらか一方または両方)の原本を出願時に提出するか、本試験時に持参すること。
なお、提出にあたっては、6.選抜方法の注意事項 ※1 を熟読のこと。

5. 出願手続
出願者は、前項 1.~9.の書類等を、本研究科教務学生係へ提出すること。
出願書類等の完備しない願書は受理しない。

注意事項

  1. 素粒子宇宙物理学専攻志願者は出願前までに、記入したすべての研究分野(第4志望まで記入可)の教員と連絡を取っておくこと。また、出願前に研究室訪問を行っておくことが望ましい。
    連絡先については、要項巻末の「素粒子宇宙物理学専攻 志望研究分野 連絡先一覧」及び物理の大学院入試ホームページ を参照のこと。このホームページには最新の情報が随時公開されている。
  2. 生命理学専攻志願者は出願前までに、記入したすべての研究分野(第3志望まで記入可)の教員と連絡を取っておくこと。
    連絡先については、要項巻末の「生命理学専攻 志望研究分野 連絡先一覧」を参照のこと。
  3. 出願書類を郵送する場合は、要項巻末の「出願用宛名用紙」を角形2号の封筒に貼りつけて締切日時までに必着するよう送付すること。
  4. 障害等があって試験場での特別な配慮を必要とする者にあっては、平成29年11月20日(月)までに、以下3点を添えて、その旨を教務学生係へ申し出ること。
    a)受験上の配慮申請書(障害の状況、受験上配慮を希望する事項とその理由等を記載したもの、様式随意、A4サイズ)
    b)障害等の状況が記載された医師の診断書、障害者手帳等(写しでもよい)。
    c)障害等の状況を知っている第3者の添え書(専門家や出身学校関係者などの所見や意見書)。
     適宜それ以外の書類を添付しても構わない。
     なお、受験や入学後の修学に関して相談の希望がある者は、出願期限までにお問い合わせください。
  5. 出願後は記載事項の変更及び検定料の払戻しはしない。

6. 選抜方法

学力試験の時間割表は、願書受付後、受験票とともに送付する。

専攻名 試験期日 試験科目
素粒子
宇宙
物理学
素粒子宇宙
物理系
平成30年
1月20日(土)
口述試験
  1. 物理学の基礎知識(力学、電磁気学、量子力学、統計力学、物理学実験)について試問する。
  2. 卒業研究の内容(卒業研究を行っていない場合は、物理学に関するテーマ)についての口述。(10分以内)
宇宙地球
物理系
平成30年
1月20日(土)
口述試験
  1. 物理学の基礎知識(力学及び電磁気学)または、化学の基礎知識(ただし「大気圏環境変動 」のみを志望する者)について試問する。
  2. 卒業研究の内容(卒業研究を行っていない場合は、物理学または化学《ただし「大気圏環境変動 」のみを志望する者》に関係するテーマ)についての口述。(10分以内)
生命理学 平成30年
2月6日(火)
  1. 外国語 ※1:英語検定試験のスコアによって判定する。
  2. 口述試験
    (今までに従事した研究の内容及び入学希望の研究分野で研究したいことなどを10分にまとめた発表(液晶プロジェクターの使用可)と質疑応答を行う。)

注意事項

※1 生命理学専攻の外国語(英語)試験について
  英語検定試験(TOEFL又はTOEIC)をもって代え、そのスコアで評価する。

  1. TOEIC、TOEFL 両方のスコアを提出してもよい。
  2. 願書受付締切から遡って2年以内に受検したものを有効とする。複数回検定を受けている者は、最も良い得点を提出できる。また、 出願後に受けた検定試験の結果が良い場合、本試験時に新たな成績証明書の原本をもって申告すれば、そちらの得点を有効とする。
  3. TOEICのスコアシートを提出する場合
    Official Score Certificate の原本を、出願時に提出するか、本試験時に持参する。団体特別受験制度(IP:Institutional Program)のスコアは受け付けない。
  4. TOEFLのスコアシートを提出する場合
    Examinee Score Record の原本を、出願時に提出するか、本試験時に持参する。 あるいは、本学向けに Official Score Report を ETS から1月11日(木)までに送付する方法でもよい(手続き時に名古屋大学の Institution Code 0312、Department Code 35 を指定すること)。 iBT(Internet-based Test)及び PBT(Paper-based Test)のスコアを有効とし、その他の試験区分のものは受け付けない。
  5. いずれかの検定試験を受検予定でも出願可とし、本試験までに本人宛の成績証明書の原本を入手していれば、その得点をもって外国語試験のスコアとする。 この場合も、本試験時に成績証明書の原本を試験会場へ持参すること。
  6. 独自作題による外国語試験は行わない。また、入試本試験時に TOEFL-ITP などの外部試験も行わない。
  7. 英語検定試験のスコアシートを提出しない、または Official Score Report が送付されていない場合は、受験資格を失う。
  8. 提出されたスコアシートの返却には、応じられない。
◎生命理学専攻では、平成29年7・8月に行われた理学研究科の入学試験を受験した名古屋大学理学部の学生は、この平成30年度第2次学生募集に出願できない。
(A入試B入試両方受験した名古屋大学理学部以外の学生は、出願できる。)

7. 合格者発表
専攻名 日時 場所
素粒子宇宙物理学 平成30年1月22日(月)正午頃 理学部C館1階教務学生係事務室に掲示し、翌日理学研究科ホームページに掲載する。
なお、合格者には、3月初旬に文書で通知する。
生命理学 平成30年2月7日(水)正午頃

8. 入学料及び授業料
入学料 282,000円(平成30年3月下旬の大学が指定する入学手続き期間内に納めること。)
授業料 前期分 267,900円(年額 535,800円)

注意事項

  1. 授業料は、前期及び後期の2期に分けて、前期にあっては4月(初年度は5月)、後期にあっては10月に納入する。
  2. 入学時及び在学中に学生納付金の改定が行われた場合には、改正時から新たな納入金額が適用される。

9. その他
  1. 出願にあたって提供された氏名・生年月日・住所その他の個人情報は、入学選抜、合格発表、入学手続き及びこれらに付随する事項並びに入学後の学務業務における学籍・成績管理を行うためのみに利用する。 また、取得した個人情報は適切に管理し、利用目的以外には使用しない。
  2. 出願書類を郵送で請求する場合は、封筒の表面に「理学研究科前期課程願書請求」と朱書し、返信用として、250円分の切手を貼った角形2号(約33cm×約24cm)の封筒(郵便番号・住所・氏名を明記すること)を同封して、教務学生係へ申し込むこと。
  3. 理学研究科(素粒子宇宙物理学専攻・生命理学専攻)では、日本学術振興会の事業である「博士課程教育リーディングプログラム」に採択されております。
    「博士課程教育リーディングプログラム」とは、優秀な学生を俯瞰力と独創力を備え広く産学官にわたりグローバルに活躍するリーダーへと導くためのプログラムで、リーダー育成のための様々な取組みを実践すると共に、安心して大学院教育研究に専念できる経済支援を実現します。詳細については、各専攻のHPを参照してください。

平成29年10月

〒464-8602 名古屋市千種区不老町
名古屋大学大学院理学研究科
教務学生係
電話 052-789-2402,5756

※ 但し、下記の研究分野については、今回は募集を行わない。

緊急の連絡について

インフルエンザの蔓延や自然災害等により、試験日程の変更等が生じた場合は、下記の理学研究科ホームページでお知らせしますので、出願前や受験前に必ず確認してください。

一覧に戻る

ページの先頭へ