Home > 学部受験生の皆さんへ > 理学部の教育

学部受験生の皆さんへ

理学部の教育

名古屋大学理学部は、現代自然科学のすべての分野を網羅する規模を持ち、日本でも有数の施設、設備を備えています。数理学科、物理学科、化学科、生命理学科、地球惑星科学科の5学科からなり、関連の研究センターや研究所とともに、理学部の教育・研究を担当しています。

理学部学生は、1年次には学科に属さず、全学共通教育を受けます。数学や理科の基礎科目はもちろん、物事に対する考え方や議論の方法そのものを学ぶ専門リテラシー、人文社会系の教養科目、外国語など、高度知識人に相応しい教養を身につけます。1年終了時に、希望や成績などによって各学科への配属が決定されます。このようなやり方は名古屋大学理学部の大きな特長で、狭い専門に凝り固まった人材ではなく、総合的な視座から研究や社会をリードできる人材を育成するために、自然科学や人文科学の十分な素養がついた上で専門を選択させようという late specializationの考え方に基づいています。

2年次以降は各学科に分かれて、より専門的な科目を受講します。少人数演習やセミナーも多く取り入れられ、また実験系では多くの時間が実習に費やされます。いずれの学科でも、最新の研究成果を取り入れた教育が行われています。他学科の講義も履修でき、自然科学の基礎知識をいっそう広げることもできます。4年生は各研究室へ配属され、これまで3年間の蓄積を実際の研究現場で活用しながら、卒業研究に取り組みます。自主的な学習・研究態度が求められます。

5学科とその収容定員 数理学科 55
物理学科 90
化学科 50
生命理学科 50
地球惑星科学科 25

アドミッション・ポリシー

理学部が求める人

自然界を貫く真理の探究に挑むため、チャレンジ精神と知的好奇心に満ちあふれ、瑞々しい創造力をもつ人。

理学部の教育目標

自然の理(すじみちとことわり)を解き明かそうとする知的好奇心を刺激しつつ、高度の専門性と独創性・広い視野と柔軟な思考力を備えた人材を育てます。

基礎科学の研究をとおして、また科学的素養を生かして、社会貢献する人材を育成します。

理学部を希望する人に求めること

数学や自然科学に強い興味を持ち、入学後の理学部の教育を効率的に享受できるよう、その基礎となる高等学校の数学や理科の授業内容を十分に理解していることが求められます。 また、語学力の研鑽も重要です。 語学は自分のアイデアや研究成果を自分の言葉で相手に伝えるために必要ですが、科学研究に重要な論理的な思考を育てるためにも不可欠です。

入学者選抜制度

名古屋大学理学部を志願する人は、大学入試センター試験および個別入学試験を受験しなければなりません。 高等学校の授業科目を幅広く履修していることが求められるため、大学入試センター試験は5教科7科目(推薦入試および一般入試前期日程)が課せられています。 個別入学試験には、推薦入試と一般入試前期日程があります。 一般入試前期日程では国語、数学、理科、外国語の学力検査が課せられます。 推薦入試は、書類選考と面接選考により行います。成績優秀者は、面接選考が免除されます。

理学部志願者
大学入試センター試験
 
推薦入試   一般入試
 
書類選考・面接選考   個別学力検査
大学入試センター試験の成績、
推薦書、調査書等および面接
(募集人員50名)
  個別学力検査および
大学入試センター試験の成績等
(前期日程 募集人員220名)

ページの先頭へ