学部受験生の皆さんへ

学科紹介

数理学科

数学は自然科学における共通言語として、それらの学問の発展に不可欠なものであり、近年では社会科学においても重要な貢献を果たすようになっています。 また、数学はギリシャ以来の人間の知性の最高の産物のひとつとして、芸術にも通じる面をもっています。実際、数学の魅力は定理・事実の発見の喜びにあるだけでなく、理論・構造の美しさにもあります。

高等学校までの数学の勉強は、教科書に書いてある定理や公式を理解し、それらの応用として、与えられた練習問題を解くことが目的でした。 それは先人が開拓し、充分に舗装された道をまっすぐに歩むことに似ています。 途中で雄大な光景に遭遇し感銘を受けることもあるであろうが、それらはすべて準備されたものです。

数学の創造活動とは、誰も踏み込んだことのない荒野に道を切り開くことに例えることができます。 そして、数理学科で教えられる数学は時代とともに変わり新しくなっていく…。 その中には教員自身によって見出だされた定理もあるでしょうし、これを学ぶ学生の側にも、数学を原理に立ち返って理解しようとする姿勢や積極的に創造に参加する態度が求められるのです。

数学はその発展とともに、細分化、専門化が著しくなるように見えますが決してそうではありません。 高度に専門化された個々の分野同士の間に思いがけない相互関係が見出され、それが新たな学問の発展を促すことも多くあります。 これは数学内部だけに限らず、数学が他分野の発展に貢献したり、逆に他分野からの刺激が新たな数学の芽生えを促し、大きな発展につながることもあります。 それは数学の持つ、“本質を取り出して論じる”という性格に依っています。 分野の特殊性を取り除いて本質に注目すれば、数学の問題として統一的に論じることができるのです。 それゆえ、現代に生きる数学者は、研究室に閉じこもり、机に向かって暗中模索しているだけではなく、周辺領域の研究者との接触を密にし、どんな研究が進行しつつあるかを常に把握しながら仕事を進めています。

物理学科

PHYSICS=物理は、江戸末期には哲学も含めて「窮理」とよばれていましたが、明治になって「物理学」という言葉が作られました。 物理学とは「私たちをとりまく自然がどのようにできていて、そこではどのような現象がおきているのか?」を、観測と実験を拠りどころに調べて、その奥を貫く基本的法則=理(すじみちとことわり)を追求する分野です。 現代の物理学は、極致の世界をあつかう素粒子物理と物質の相互作用をあつかう物性物理の二つの分野に大別できます。 数学との境界には数理物理学があり、化学と物理の境界は重なり合い、物理学的な視点は、宇宙や生命の現象にまで拡がり発展し続けています。

物理学上の発見は工学面においても新しい技術の応用を生み、逆に工学的技術の発展が新しい物理学研究を可能にしています。 物理学と隣接する諸科学との間には境界はもはや存在しないといった方が妥当でしょう。 20世紀の物理学を代表する二つの精華「量子論」と「相対性理論」は、私たちの自然の認識に大変革をもたらしました。 科学のみならず、哲学や思想の分野にも大きな衝撃を与えました。 このように、自然の「もの」や「こと」を通して、物理学は理を窮め、人間の認識を拡げてきました。 物理学は21世紀の今なお、私たちの前に新しい世界を繰り拡げ、汲めども尽きぬ自然の深さを示して感動を与えています。

化学科

化学は、物質の構造、性質、反応を対象として研究する自然科学の最も基本となる学問分野であり、その名、「化け学(ばけがく)」が示すとおり、「もの(物質)作り」や「もの(物質)のつくり(構造)や性質」を扱う学問です。 自然界に存在する物質の構造や反応のメカニズム、また興味ある性質や機能がどのように現れるかを調べ、そこで明らかになった原理に基づいて新しい反応や物質をデザインし、新しい価値を創造するのが「化学」という学問です。

宇宙や生命のいとなみや、われわれが目にする多くの自然現象は化学現象であり、自然の豊かさを理解するためには化学の知識を深めねばなりません。 分子のレベルで自然と対話し、自然を理解し、またその知識をもとに新たな物質を作ることは化学者にのみ許された喜びです。

自然界に存在する物質は多様な構造と性質を有し、優れた物性や強い生理活性をもつため、応用、活用されているものが数多くあります。 天然に存在する様々な物質の構造の決定、反応性の解明、有用な物質の合成などは、化学の中心的研究分野でした。 化学は、物理学、生物学、地学などの理学各分野と密接に関連しながら発展し、工学、農学、医学、薬学などの応用分野の基盤となってきました。 現代の化学はさらに進んで、新しい構造・物性を有する化合物の創製と性質の解明、生体分子の構造と反応機構の解明、生理活性物質の合成など、物質科学と生命科学の広い学術分野に対して、物質に関する基本的学問としての重要な役割を担っています。

今日、現代社会は物質科学を基礎として成り立っており、食料、環境、健康、エネルギー、情報の社会諸問題の解決に、化学の寄与が大きく求められています。 地球温暖化やオゾン層破壊、廃棄物中の有害物質などの環境問題は、化学と密接な関係にあり、医学、生命科学における生命の倫理に関する問題も、化学と無縁ではありません。 このような人類全体の緊急な問題を解決できる鍵を握るのも化学であり、本学科においても、新たな時代にふさわしい化学を生み出す努力が続けられています。

生命理学科

生物を分子システムの構造と機能から統一的に理解しようとする生物学が、近年急速に進展しつつあります。 この新しい生物学は、物理学、化学、地球科学、数学などの他の自然科学分野にも波及すると同時に、それらの一部もとりこんで、極めて学際的な学問分野となってきています。 さらに、バイオテクノロジーの言葉で象徴されるように、現代生物学は医学、薬学、農学、工学など応用分野の基礎となっています。

このような生物学の急速な進展の中で、本学科では、常に独創性の高い、国際的な研究レベルを誇り、数多くの成果と多くの分野でのリーダーを生み出してきました。 本学科の大きな特徴は、生命現象を分子システムの働きとして理解することを目指している点にあります。 これをさらに展開するために、「システム生命科学の展開:生命機能の設計」という課題でグローバルCOEプログラムにも参加し、教育・研究を進めてきました。

21世紀はバイオの時代です。 生物の不思議、進化の謎は、新しい生物学の進展とともにどんどん解き明かされることでしょう。 同時に、それらの答えを基にした新しい応用分野が果てしなく拡がってゆくでしょう。 このような新しい分野で、世界をまたにかけて活躍する若い人達の育成を目指しています。

地球惑星科学科

46億年前に太陽系の一員として誕生した地球は、現在もなお活発な活動を続けています。 大陸、海底そして山々もプレート運動の一部として絶え間なく動いています。 この“新しい地球観”は、1960年代以降の地球科学の革命的進歩によってもたらされたものです。 そして今、われわれの目は、惑星としての地球へと広がりつつあります。 また、地震・火山噴火の予知、資源、エネルギー、環境など、“かけがえのない地球”の諸問題に対する社会的関心が高まる今日、地球惑星科学の果たす役割は極めて大きいものといえるでしょう。

この魅力ある地球惑星科学に若い情熱を注いでみませんか?

地球は、われわれ人類にとってかけがえのない生活の場であり、われわれ人類も地球のたどってきた長い歴史の必然的産物として誕生しました。 この地球という第一級の対象を諸惑星との比較において研究するのが地球惑星科学です。 地球惑星科学は、対象とする地球および諸惑星の、過去・現在・未来の状態を解明するために、あらゆる手段を動員します。 この「対象志向型」という点に大きな特徴があります。 また、地球や惑星に観察される自然の状態には、時間的・空間的な特徴・個性があります。 地球惑星科学の特徴は「個性的対象志向型」であるともいえるでしょう。

この個体性的対象の現象は、実験室では再現できないほど大きな時間的・空間的広がりを持ち、複雑に入り組んでいますが、基本的には物理学や化学の一般法則に大きく支配されています。 そこで、グローバルな視野に立ち、調査・観測・実験・理論などの手段を動員しつつも、個性的対象から没個性的法則を抽出し、それを個性的対象に還元適用して、普遍的認識をもちきたすことが重要となります。 地球惑星科学は、こうして得られる普遍的認識を通じて、かけがえのない地球の未来と、それに深い関わりをもつ人類の未来の発展に貢献するものです。

ページの先頭へ